だんだん濃くなるシミを早く薄くする方法

肌にできてしまったシミを早くなくすには

本当の原因を正しく知ることからです。本当の原因を治しているうちにみるみる薄くなっていきます!

項目 クリックでその項目へ飛びます。

しみとそばかすの違い 

早くシミを消すには 

色素の作られ方 

シミの消し方

お手入れのし方

シミを消すためにスキンケア以外で、注意すること

 

しみとそばかすの違い

しみとそばかすの違い

そばかすは、生まれつき幼児のころからある細かい群をなす色素沈着で、先天性の遺伝によるものです。しみは、ほとんどが、日焼け、ニキビ跡、ホルモンバランスの乱れ、肌荒れによる傷、老化などによりできる単体の色素沈着です。生まれつきある単体のしみもあります。

生まれつきあるそばかすや、ほくろ、先天性のしみは、後から消せません。しかし、そばかすは、人によって大人になると薄くなっていくこともあるそうです。

先天性のそばかすは、嫌で消したがる人もいますが、そばかすは、ほくろと同じく、チャームポイントでもあります。そばかすを作りたい!という人もたくさんいます。わざとそばかすを作ろうとして、日焼けしてシミをたくさん作りたがる人もいるくらいです。そばかすがある人気タレントやモデルもたくさんいます。もし、そばかすで悩んでいたら、チャームポイントにもすることができます。そばかすは、顔中ニキビだらけ、しわだらけというより、全然ましです。先天性のそばかすは、肌トラブルではありませんのでご安心下さい。そばかすがあっても、ニキビ吹き出物、しわ、たるみがなく、肌がきれいな人はきれいです。

そばかすがある人は、他の人と違うというコンプレックスがあるかもしれませんが、表情が暗くなるとせっかくのチャームポイントが台無しです。そばかすがある人は、特に、表情豊かで、自然なかわいらしさがあります。

しみと同様に、生まれつきあるそばかすは、日焼けによって濃くなったり、増えます。もし、濃くなるのを防ぎたかったり、増やしたくないようなら、UVケアと美白ケアは、かかさず行いましょう。

 

↑ページトップへ

早くシミを消すには

ここでは、後天的に、日焼け、ストレス、ホルモンの乱れ、ニキビ跡、老化などで、できてしまったしみを改善する方法を紹介します。

本気で、できてしまったしみを改善したいなら、しみができた原因を正しく理解する必要があります。

メラニン生成は、肌の防御機能なのです。シミができたときに、すぐに消したくなりますが、メラニンは、髪の毛や肌の色素を作っているので、全部が悪いものではありません。

肌は、紫外線が当たると、防御機能としてメラニンを作っています。できたメラニンは、正常な肌であれば新陳代謝(ターンオーバー)によって、上へあがっていき、古い角質となって剥がれ落ち、きちんと排出されています。しかし、肌や体にトラブルがあると角質が厚くなり、色素が排出されなくなってしまいます。そのせいで蓄積してしまったものが、シミです。

過度の日焼けをすると、肌は、真皮を守ろうとして、メラニンをたくさん作ろうとします。シミを予防するには、常に紫外線ケアをして、メラニンを異常に作る指示を与えないことが大切です。

 

色素の作られ方

① 紫外線に当たると、表皮細胞ケラチノサイト活性酵素を作る。活性酵素は、紫外線が肌に入ったときに、肌細胞を守る

メラノサイトメラニンを作って肌を守るように指示が出る

③メラノサイトで酵素チロシナーゼが活性化される

④アミノ酸チロシンが酸化してメラニンに変換される

⑤古い角質がはがれず、新陳代謝が悪いと、色素が排出されず、ずっととどまって目に見えるシミになる

 

↑ページトップへ

肌は、どこかにトラブルが出たときに、防衛反応としてメラニンを大量に生成しますので、シミが急に増えてきたときには、本当の原因を探すことが大切です。

原因は、いくつかありますが、ほとんどは、長期間の乾燥による水分不足から、紫外線が直接肌の奥まで入ってしまい、ダメージを受けているか、バリア機能が乱れて、肌荒れを起こしてダメージを受けているケースです。紫外線やほこり、雑菌から守るバリア機能が、正常に働いていないと肌荒れを起こすと、紫外線を通しやすい肌になってしまいます。肌荒れ状態を長期間放っておくと、数年後に表面に見えなかったシミが表面に出てくることがあります。

もう一つは、老化によるシミです。これは、体と肌の機能が衰えてくることやホルモンバランスが関係してくるので、体のほうから、低下した機能を支えるケアホルモンバランスを整えなくてはなりません。サプリメントで栄養分を補ったり、細胞分裂を盛んにしたり、真皮の機能をサポートできるエイジングケアができる美白ラインにすることをおすすめします。

体調やストレス性のシミも同じです。体調不良の元やストレスの原因がなくすことが大切です。

そばかすのように、先天的に潜んでいたものが、日焼けにより数年後に出てくる場合もあります。先天性の場合は、化粧品で消すことはできませんが、美白スキンケアでそれ以上濃くならないようにして、透明感やナチュラルさ上げていくことはできます。

シミが出た本当の原因のダメージを改善したら、次に大切なのは、新陳代謝(ターンオーバー)です。健康な肌の状態を維持して、新陳代謝を滞らせないようにしましょう。

毎日肌の奥底では、新しい皮膚が作られています。古いものをきちんと排出して、新しい肌に入れ替えることが、できてしまったシミを消していく重要な作業になります。いくら良い美容成分が入ったスキンケアを使っても、新陳代謝が悪かったら、肌も固くなっていて浸透もしないし効きません。

今までできた色素はずっと肌の中に残っていますので、それ全部が排出するまでには、早くても3か月はかかります。これには、根気がいりますので、すぐにシミが消えるだろうという期待はしないほうが良いでしょう。色素沈着が上に上がってくるときや肌に透明感が出てきたときに、一時濃くなったように見えることもありますが、ひたすら新陳代謝をキープするしかないのです。

同時に、毎日のUVケア、美白のお手入れで健康なバリア機能を維持して、健康な精神状態栄養をバランスよくしっかり食事も取って良好な体調を保つことが大切です。美白や美肌効果があるサプリメントを飲みながらお手入れすると効果は、倍以上早くなります

次の化粧品の浸透を高めるブースター導入美容液もシミを消す効果を早くしてくれます。

バリア機能が正常に働かず、肌が荒れていると、シミを消す効果も遅くなります。バリア機能を正常に整えて、肌が健康な状態だとシミを薄くする美白ケアの効果が早くなります。シミを消すことだけ考えず、肌の健康状態も確認しましょう。

 

↑ページトップへ

シミの消し方

シミの消し方

① シミの本当の原因を探す(乾燥、肌荒れ、ニキビ吹き出物、ストレス、バリア機能の崩壊、老化、ホルモンバランスの乱れなど)

②先にそれを改善する

③紫外線対策と保湿、新陳代謝アップ、美白ケアをする

④健康的な肌状態で、よい新陳代謝をキープしながら美白のお手入れを続ける

 

↑ページトップへ

シミを消したいとき、美肌の3バランスでは、新陳代謝、血行をよくする活性と水分を維持して逃がさない保湿のお手入れが重要になります。

シミが気になっている方たちからは、このような悩みが多く寄せられています。

数年前にできたシミが消えなくて困っています。
ずっとあったシミが日に日に濃くなっているのでおすすめのスキンケア商品を教えてください。
これでシミが消えた!というものを教えてください。
短期間で消したい。
2センチくらいの大きなシミをコンシーラーで隠しきれず困っています。
ここ一年でそばかすが急激に増えました。
シミを隠そうとすると厚塗りになるのでそれがあまり好きじゃありません。
これ以上増えてほしくない。
今までにできてしまったものを薄くしたい。
病院や美容クリニックに通わずに自分でシミを消すことができればと思っています。
しみで悩んでいます。できたものを目立たなくする方法だけでもいいです。
年と共に顔にシミが増えてきました、効くコスメや方法があったら教えてください。
シミのせいで老けて見えるのがショックです。
とにかくシミ消しに効果のあるものはありませんか?

このような方は、シミ以外に、長期間による乾燥、肌荒れ、バリア機能の乱れ、ホルモンバランスの乱れ、ストレス、老化による体と肌の機能の低下、ブルーライトを長時間浴びている、など、何かしら別の問題があるはずです。それを先に治しましょう。そのあいだに、芋づる式にシミまで薄くなっていく可能性があります。

 

シミを消すためのお手入れ方法

シミを消すためのお手入れ方法

まずは、シミの本当の原因を改善しましょう。生まれつきなかった後天性のシミができたということは、どこかに長期間潜んでいたトラブルや原因がある証拠です。本当の原因の改善と美白のお手入れによって良くなっていくでしょう。

お手入れは、全体を美白、ホワイトニングラインに切り替えましょう。美容成分の相乗効果を早く出すために、ライン使用がおすすめです。

ベーシックケア(クレンジング、洗顔、ブースター、化粧水、乳液)にマッサージパック、保湿用、美容液、シミを作らないようにする効果があるもの、シミに働きかける美容液クリームをプラスします。マッサージ、パックの前には、美白美容液を入れるとマッサージやパック中にその効果が発揮されます。ファンデーションや、日中用の乳液、下地も美白、ホワイトニングラインにします。

週に1~2回ピーリングやゴマージュなどピーリング効果のあるものを入れて、新陳代謝を高めましょう。

シミで悩んでいる方にたいがい共通しているのは、水分不足、角質肥厚、肌荒れ、ストレス、栄養不足、ホルモンバランスなど生活面での問題です。一つ一つ丁寧に解決していくうちに、薄くなっていく可能性は大いに期待できます。

シミ消しは、美白成分に加え、健康なバリア機能で、新陳代謝よい肌を保つことが大きな鍵を握っています。

 

紫外線対策

紫外線には、UVA,UVB,UVCの3種類あります。

シミになる紫外線は、UVA。室内にいて窓を閉めていても入ってきます。

日焼けして赤くなったり、水膨れを起こすような強い紫外線は、UVBです。長時間外にいることが多い、海、山、プール、旅行など、長時間日焼けをするような場所に行くときは、SPFとPA値の高い日焼け止めを塗りましょう。

UVCは、オゾン層の破壊によって出る紫外線です。

UVAは、私たちが最も浴びることが多い紫外線です。目に見えて強さを感じませんが、曇りの日でも、冬でも出ています。

パソコンやスマホから出ているブルーライトも、真皮まで入り込み、シミ、シワ、ニキビの原因になります。ブルーライトカットのメガネやシートを使用しましょう。

 

SPF 肌が赤くなるまでの時間を数値化。大きいほどすぐ赤くなりにくい。数値が大きいほど、肌に負担もあるので使用後は、クレンジングでしっかり落としましょう。。

PA UVAをどれくらい防げるかを表す。PA数値が大きいほど効果が高い。

 

↑ページトップへ

 

シミを消すためにスキンケア以外で、注意すること

バランスの良い食事

一日3食、栄養のバランスを考慮して食事をしましょう。食事が偏って肌に影響が出ることもありますので、 食事バランスを整え、健康的な生活に整えましょう。

 

ストレスをためない

悪口・愚痴が多い、嫉妬深く意地悪、ひがんだり、怒りっぽかったり、文句ばかり言ったり不快な感情を心にため込んでいると、その通りに顔癖もついて、すぐ老けて顔にも表れます。 精神的に、嫉妬深く意地悪な人は、老けやすいとも 言われています。その場合は、日常の生活も見直し、精神面のストレスも改善しましょう。

 

トキメキや萌えを大切にする

恋をしていると綺麗になるというのは、本当で、何かに萌えていると女性ホルモンを活発にします。女性ホルモンは、肌や体の活性し、肌がきれいになる、髪の毛がきれいになる、女性らしい魅力的な体つきになる、恋愛がうまく行くようになるなど、すべてにおいてよい効果をもたらします。好きなタレントや漫画のキャラクターに萌えることでも、肌の活性につながります。

 

良質の睡眠をとる

リラックスして癒されながら眠ると肌も癒されてきれいになります。

 

バスタイムを楽しむ

シャワーで洗ってすぐ終わりではなく、お風呂にしっかりつかって、リラックスしましょう。

 

一日に楽しい、幸せだと思える時間を持つ

おいしいケーキを食べている間、お気に入りのバスソルトでお風呂に入っているときなど、何でもいいので、心から幸せ!と感じられる時間を持ちましょう。幸せを感じると、肌効果がアップします。顔には、精神状態が反映しますので、のんびり豊かな気持ちで、リラックスしながら毎日を過ごすことも重要です。

 

適度な運動をする

体の血液循環が悪いと、肌の血液循環も悪くなり、新しい細胞が生まれず、肌にも老化現象が起こります。急な肌の老化は、体が冷えているか凝っている可能性もあります。仕事に行く間や買い物をしている間歩くだけ、掃除中でも、良い運動になります。体を動かして体も元気になっているんだという意識が良いエクササイズになり、肌にも良い効果として出てきます。首、肩、背中のストレッチ、僧帽筋を鍛えると効果的です。

 

神経質になりすぎない

一日何回も、同じところばかり見ていると、回復が遅れたり、悪化したような気がすることがあります。肌の再生力を信じて安心して、任せることも大切です。

しっかりお手入れもしているのに、心配して気にしすぎるということは、例えば、畑に種をまいたら、芽が出ないんではないかと疑ってすぐほじくり返すのと同じで、せっかくの育つチャンスもだめにしてしまいます。

お手入れをしたんだから何とかなるだろう、何にもしないよりつけただけまし、くらいに、気楽に思っていたほうが、楽観的な姿勢が肌へのリラックスとなり、すぐ効くことがあります。

 

 

↑ページトップへ

 

消えないシミ改善!効果が早いと口コミの美白化粧品!年齢肌ケアもできる!

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です