急激な老化、肌の衰えをなんとかしたい時の改善方法

年齢肌の改善方法は、しわ、たるみができる原因を正しく知ることから

正しい原因がわかれば、半分改善したのと同じです。

加齢に伴い出てくる肌の悩みと症状 

しわで悩んでいる人はたくさんいる 

しわ、たるみを治すためにスキンケア以外で、注意すること

しわとり、たるみとり、しわを消す、しわを伸ばすという言葉の誤解

 

加齢に伴い出てくる肌の悩みと症状

加齢に伴い出てくる肌の悩みと症状

お肌の曲がり角は、24歳からですが、20代では、自分だけが老化を感じていても、他人から見て、表面では老けたとあまりわかりません。食生活、不摂生などの生活や精神状態によっては、早ければ、20代前半でも加齢肌を感じることもあります。

急に見た目にも、「疲れてる?」「老けたね」と言いたくなる老け込みが出てくるのは、30代後半からでしょう。

40代を過ぎると、老け込む人は早く老け顔になるし、変わらない人は、変わらないと、人によって差が大きくなるのが特徴です。仕事や子育てが忙しくなって、食事アも手抜きをしたり、コンビニやインスタント食品に頼ったりしがちで栄養がしっかりとれないことや、睡眠不足、自分の時間に余裕がなくなるなど、ストレスが大きい年代ということも老化を早める原因になっています。

50代を過ぎると、今までの総評価が、一気に現れます。顔を見ただけで、性格がわかってしまうほど、精神面の影響が見た目に出ます

 

加齢が気になっている方たちからは、このような悩みが多く寄せられています。

目元のしわが増えた

肌質が変わってきた(鼻のあたりは脂っぽいのに目元や頬のあたりは乾燥してすぐかさついてしまう、若いころと比べて皮脂が出なくなったなど)

鏡を見るたびに老けていると実感する(目じりのしわ目元のしわたるみほうれい線が気になる、顔が暗い、くすんでいる、顔に影を感じる、疲れているように見えるなど)

肌はきれいで今まで肌に自信あったのに、化粧をしても顔が老けていると感じる

化粧をするとファンデーションがしわに入って目立つのが気になる

お手入れをしても小じわができて、年には勝てないような気がする

 

↑ページトップへ

加齢対策としてのケアは何をしたらよいのか?

20代のころのお手入れと違うところは、年齢とともに、代謝機能が低下してくるというところです。20代は、表面を清潔にし、水分を補い逃がさないだけのお手入れでも、肌自体の機能は、充分に働きます。多少疲れても回復力もあります。しかし、30代からは、体全体の機能が低下してくるので、疲れても回復が遅かったり、皮脂量も減ったり、真皮にも影響が出てくるため、機能の低下を補えるスキンケアが必要になります。

目元の小じわは、乾燥性の場合も あります。乾燥からくるものは、一時的なものですので、軽い小じわは、保湿ですぐ治せます。乾燥性の場合は、その部分が白くなるまでたっぷりとクリームを重ね塗りして寝ると早くて翌日に治ります。1週間以上続けても 治らない場合は、乾燥性ではなく、繊維の切れで起こったものですので、細胞分裂を盛んにする化粧品や、エステなどを併用しましょう。

乾燥性の小ジワの治し方

詳しいやり方は、こちらにも書いてあります。お手持ちのアイクリームなどで簡単にできます。

アイケアで目元の乾燥、くすみ、クマ、しわを予防・改善!

 

もし、これで、すぐ治らなかったら、肌内部の真皮からのケアも必要です。

真皮に影響が出てしまったものが、しわたるみシミです。

肌の内部、真皮には、ハリ、弾力成分である、コラーゲンエラスチンなどの繊維やヒアルロン酸というお肌をプリプリに保つ成分があります。

年齢とともに、繊維が細くなり、ハリのもとである水分を保つヒアルロン酸が減少します。代謝機能も低下し、細胞分裂も減ってくるので、古い角質が剥がれ落ちず、新しい細胞も生まれにくくなります。真皮の繊維が切れると、最悪の結果である、しわやたるみになります。

肌の老化を感じ始めたら、真皮の活性化ができる化粧品がおすすめです。

人間は、生きている間、酸素を吸うことで、体内も酸化し、活性酸素というサビがいろいろ邪魔をしますが、このサビも肌の老化に大きく影響しています。なので、活性酸素抗酸化に着目したスキンケアも老化現象のケアを早めてくれるので効果的です。

40代以降は、不足している真皮機能のサポートをする、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が入っている化粧品が安定します。肌の弾力を維持する補える成分が入っていて、さらに新陳代謝細胞分裂を活性化させて、肌本来の力、自活力も高めるものが良いでしょう。年齢に関係なく、水分保持力保湿力が高い、化粧品を選ぶことが大切です。

美肌を維持する3バランスにおいて、加齢からくるしわたるみに対する、スキンケアの重要ポイントは、血行促進、新陳代謝を良くして、細胞分裂を活発にさせる、活性と、水分油分を保持する保湿になります。

お手入れは、全体をアンチエイジングラインに切り替えましょう。 ベーシックケア(クレンジング、洗顔、ブースター、化粧水、乳液)にマッサージパック、保湿用、美容液シワ・タルミ用の美容液アイケアクリームをプラスします。マッサージ、パックの前には、保湿美容液を入れます。

マッサージ中にその効果が発揮されます。ファンデーションや、日中用の乳液、下地もアンチエイジング化粧品にします。

 

↑ページトップへ

しわで悩んでいる人はたくさんいる

しわで悩んでいる人はたくさんいる

しわとり、しわ伸ばし化粧品を探していました。加齢には勝てないのかなってあきらめていました。20~30代の若いころは、お手入れもしていて肌に自信があったのですが、急にこんなひどく老けが来るとは思っていなかったので、正直ショックです。しわさえ消えれば、他にトラブルはないので、キレイだった頃と同じような肌に戻りたいです。最低でも目立たなくなってほしいです。

かなりコンプレックスで本気で何とかしたい!目の下のしわにファンデーションが入って、しわがかなり目立ちます。

30後半です。35歳くらいまでしわもシミもなく、肌には自信があったのですが、前の顔と別人のように顔に急激な老化がきました。

最近、ほうれい線、目じりのしわが目立ってきて一気に老けたような気分です、しわが治る化粧品を教えてください。

40代ですが、年には勝てず、小じわができてしまいます。40代からのしわのケア何から始めたらよいでしょうか?

おでこのしわを消したいのですが、注射や治療は怖いので、化粧品でいいものありませんか?

急に、信じられないほど老けました、何をしたらましになりますか?

30才を過ぎると、このような悩みが、たくさん出てきます。しかし、急に老けたり、しわが出た人は、あなただけではありません。あきらめずに何歳になっても、素敵だと言われるような美魔女を目指して一緒に頑張りましょう!

↑ページトップへ

しわ、たるみを治すためにスキンケア以外で、注意すること

しわ、たるみを治すためにスキンケア以外で、注意すること

姿勢をよくする

前かがみが多かったり、下を向いて歩いたり、猫背だと、筋肉の劣化で顔にも影響が出ます。顔のしわたるみは、首の付け根を中心に、左右の方と首上下の十字に広がる、背中の僧帽筋が関係しているので、僧帽筋を鍛えるというのも効果があります。

 

顔癖に注意する

しかめっ面をしたり、目を細めたり、片方の口を上げて笑う、いつもへの字口、など、無意識にやっている癖もしわにつながりますので、気をつけましょう。精神的なストレスや悩みからくる感情が無意識的に顔癖になって、だんだんしわになってきている可能性があります。まず第一に、ストレスや悩み解決をしましょう。

 

バランスの良い食事

一日3食、栄養のバランスを考慮して食事をしましょう。食事が偏ってハリがなくなることもありますので、 食事バランスを整え、健康的な生活に整えましょう。

 

ストレスをためない

悪口・愚痴が多い、嫉妬深く意地悪、ひがんだり、怒りっぽかったり、文句ばかり言ったり不快な感情を心にため込んでいると、その通りに顔癖もついて、すぐ老けて顔にも表れます。 精神的に、嫉妬深く意地悪な人は、老けやすいとも 言われています。その場合は、日常の生活も見直し、精神面のストレスも改善しましょう。

 

トキメキや萌えを大切にする

恋をしていると綺麗になるというのは、本当で、何かに萌えていると女性ホルモンを活発にします。女性ホルモンは、肌や体の活性し、肌がきれいになる、髪の毛がきれいになる、女性らしい魅力的な体つきになる、恋愛がうまく行くようになるなど、すべてにおいてよい効果をもたらします。好きなタレントや漫画のキャラクターに萌えることでも、肌の活性につながります。

 

良質の睡眠をとる

リラックスして癒されながら眠ると肌も癒されてきれいになります。

 

バスタイムを楽しむ

シャワーで洗ってすぐ終わりではなく、お風呂にしっかりつかって、リラックスしましょう。

 

一日に楽しい、幸せだと思える時間を持つ

おいしいケーキを食べている間、お気に入りのバスソルトでお風呂に入っているときなど、何でもいいので、心から幸せ!と感じられる時間を持ちましょう。幸せを感じると、肌効果がアップします。顔には、精神状態が反映しますので、のんびり豊かな気持ちで、リラックスしながら毎日を過ごすことも重要です。

 

適度な運動をする

体の血液循環が悪いと、肌の血液循環も悪くなり、新しい細胞が生まれず、肌にも老化現象が起こります。急な肌の老化は、体が冷えているか凝っている可能性もあります。仕事に行く間や買い物をしている間歩くだけ、掃除中でも、良い運動になります。体を動かして体も元気になっているんだという意識が良いエクササイズになり、肌にも良い効果として出てきます。首、肩、背中のストレッチ、僧帽筋を鍛えると効果的です。

 

神経質になりすぎない

一日何回も、同じところばかり見ていると、回復が遅れたり、悪化したような気がすることがあります。肌の再生力を信じて安心して、任せることも大切です。

しっかりお手入れもしているのに、心配して気にしすぎるということは、例えば、畑に種をまいたら、芽が出ないんではないかと疑ってすぐほじくり返すのと同じで、せっかくの育つチャンスもだめにしてしまいます。

お手入れをしたんだから何とかなるだろう、何にもしないよりつけただけまし、くらいに、気楽に思っていたほうが、楽観的な姿勢が肌へのリラックスとなり、すぐ効くことがあります。

 

↑ページトップへ

しわとり、たるみとり、しわを消す、しわを伸ばすという言葉の誤解

しわとり、たるみとり、しわを消す、しわを伸ばすという言葉の誤解

どうしてしわたるみができるのか?それは、年齢とともに、体の機能が低下するからです。原因は、体や肌の内部です。血行が悪くなったり、肌内部に炎症などの問題が起きて、細胞が生まれにくくなって、表面に見えた結果がしわやたるみです。

原因は、機能の低下ですから、治したければ、機能の低下を補って自分で細胞を生む力をつけたり、内側から治さなくてはなりません。化粧品で、補う場合は、美容外科で注射をしてすぐしわが消えるのと違って、多少時間がかかります。特に、漢方や、自然なままが売りですというコスメは、浸透技術がない限り、普通のスキンケアよりも、もっと時間がかかります。「今すぐに、しわたるみをとる」という発想は、何かを直接しわに注入したり、たるんでいる部分を切ったりする美容外科のほうが近いでしょう。

エイジングケアの化粧品では、加齢で低下した体や機能や肌と一緒にやっていくために、補ってサポートするという発想のほうが、近いかもしれません。化粧品による、エイジングケアでは、不足した機能を補いながら、美しく保っていくことへの楽しみが必要になります。

 

加齢エイジングによる体や肌の内部の機能の低下は、生きている間、誰にも平等でくるものであり、避けられないことです。人間である以上、年を取るのは、誰も避けられない道であり、自分だけではありませんのでご安心ください。

自分も以前は、若かったように、今若い人達もいずれは、老化していきます。加齢は、みんな同じなのですから、どうせなら、楽しく素敵に年を取りましょう。

 

年齢をマイナスに捉えてうじうじしていると急に老け込みます。大人には、その年だからある人生経験や知恵というものがあります。年齢を恥ずかしがる必要はありません。毎年、平等に年を取りながらも、今までの人生経験を活かした生き方ができると素敵ですね。

自分に自信を持った堂々とした生き方は、いつまでも若さを保ちます。若さといっても、キャピキャピとギャル用語を使って話したり、ギャルモデルのメイクや服をマネをすることではありません。若い人との違いは、内面から放つ洗練された美しさです。堂々と年齢を言ったときに、逆に、「えっ?本当にXX歳?」「素敵です!」と驚かれるようであれば、人生は、もっと楽しくなります。加齢を感じるようになったら、目指す目標は、「その年相応に、素敵に生きているか?」が重要になります。美魔女のように、その年齢だからこそ出せる内面からの美しさというものを出し、楽しい人生を送りましょう。

↑ページトップへ

 

しわたるみに効果をすぐ実感!肌が劇的に変わった!と評判のいいエイジング基礎化粧品

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です