肌がキレイにならない大きな理由

スキンケア以外で、肌をきれいにする3つのポイント

お肌のお手入れ以外に、気をつけなければいけないことがあります。

 

ストレスや悩みがあるとブツブツができたり肌が荒れるように、肌は心をうつす鏡です。お手入れの効果精神面から影響を受けています。

 

顔を見るだけで、その人の人生がわかってしまうといっても過言ではありません。 心の疲れや、悩みがあるときは、一生懸命お手入れをするよりも、まず先に、ストレスを解決しましょう。リラックスした気持ちが美肌を作ります。あまりにも神経質になったり、お手入れがプレッシャーになってしまうのは、肌によくありません。

 

生活が不規則だと肌に影響します。不規則な生活は、精神面にも良くありませんので、日頃から 食事、運動、睡眠のバランスにも気をつけましょう。生活態度から意識を変えて整えていくと、肌もきれいになってきます。

モデルは、規則正しい生活、自己管理をすることで、健康状態、精神状態、美貌を保っています。職業は違っても、その生活態度が 美肌の要素ですから そっくりそのままマネするだけでも、美肌作りの良いお手本になります。

3食バランスの良い食事も、美肌をつくるのに大切なことです。食事の栄養が偏っていないか?チェックしましょう。 また、全身の代謝を良くするために、適度な運動も必要です。運動によって、筋肉の劣化が防げるので、肌の老化も防げます。またキレイな肌は、夜の10時から2時の間に作られるといいます。 できれば、お手入れはそれまでに終わらせて、その間には寝るようにしましょう。

そうはいっても、仕事柄その時間に眠れない人や、夜に仕事をしていてもキレイな肌の人はたくさんいます。睡眠の質、栄養、健康、精神状態が良好かがどうかが一番重要です。その場合は、寝る時はきちんと寝て、自分がいかにストレスなく楽しんで心地よく過ごせるか?が大事なポイントになります。

 

いつまでも治らないのは、化粧品のせいではない

 

意地悪だったり、ひがみっぽかったり、人の悪口ばかり話していたり、愚痴が多い、性格が悪いと、抵抗力もなくなり、肌が荒れやすく、老けるのも早くなります。

 

無添加洗顔トライアルキット

sugimoto

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です