毎日使う化粧品と特別な時に使う集中ケア

肌のお手入れするには、何を使ったらよいのか?

毎日使うスキンケアと、必要に応じてプラスするものがあります。

素肌美人のモデルたちは、いったいどんなお手入れをしているのか?早速ご紹介しましょう。

お手入れは、美肌になるために必要な3つ、クリアバランス(洗浄)アクティベイト(活性)モイスチャーバランス(保湿)各バランスを取り入れて行います。

 

 

毎日使う化粧品の種類

 

毎日必ず行うお手入れをベーシックケアといいます。 ベーシックケアは、クレンジング(ポイントメイク落としと顔の2種)・洗顔角質柔軟効果のあるふき取り化粧水、保湿化粧水、乳液です。

 

エレクトーレ

必要に応じて使う化粧品の種類

トラブルに応じて集中ケアとしてプラスするものをスペシャルケアといいます。ほしい肌効果のものをベーシックケアにプラスします。 毎日やる必要はないけど、より美しく、健康な肌を保つために、週に1~2回入れるものもここに入ります。

 

週に1~2回、ピーリング、ゴマージュスクラブと、マッサージ、パックをします。 肌の疲れや乾燥が気になったら、美容液、クリームを毎日のお手入れに加えるのが理想です。 肌の状態を見ながら変えていきます

ピーリング、ゴマージュ、スクラブは、美容剤の種類や効果により クリアバランス(洗浄)アクティベイト(活性)のどちらか、または両方の役割をするものがあります。

マッサージ・パックは、毛穴の汚れ取り専用のパックや、保湿パックなど、いろいろありますが、どの種類にもアクティベイト(活性)効果がプラスされます。

美容液、クリームも、ニキビ用から、美白、しわとりまで様々ですが、脂を吸収してニキビを治すもの以外は、 モイスチャーバランス(保湿)があります。

 

シンフォニアSRセラム

coyori オイル訴求

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です